出会い系規制法案による影響

2009年2月1日出会い系規制法案が施行されました。
しかし悪質なサイトがなくなるかといえば、残念ながらそういうことはありません。

出会い系規制法案の主旨というのは
18歳未満の利用を徹底的に排除するために年齢確認を義務づけましょう
というものでした。

悪質なサイトには、女性そのものがいません
サクラしかいませんから、年齢確認をする必要がないわけです。

本物の女性が登録しているサイトは年齢確認の義務がネックになり女性の獲得に苦しむ
ということもあったようです。
そのためますます
悪質なサイトが幅をきかせることになった
とういうのが規制法がもたらした結果です。

出会えるサイトを保護し、悪質サイトを排除することこそ本来法律がやるべきことだと思うのですが。

完全知識では今後も悪質サイトの見極め、安全なサイト利用の一助となるよう、情報を提供していきます。

             悪質出会い系「完全」排除!出会い被害相談所